ECO ACTION

環境への取組み

平成25年度環境活動レポート

環境方針

基本理念
株式会社山田組は、総合建設業者として大正5年の創業以来、地域の皆様に支えられ社会資本の整備を中心に営んでまいりました。
21世紀を迎えた今、異常気象に見られるような地球の環境問題は、優先されるべき最重要課題の一つと捉え

『人と共に、自然と共に』

を合言葉に地域の皆様とともに地球環境に配慮した持続可能な社会の構築へ向けて研鑽・努力を続けてまいります。

環境活動方針
  1. 環境に関する法規制や社内で定めた規定を遵守します。
  2. 全社一丸となって積極的に環境保全活動に取り組めるように全社員に周知徹底します。
  3. 環境保全活動の目標(CO2・廃棄物の削減、節水)を設定し、実施結果の評価・見直しにより、積極的な環境改善につなげます。
  4. 環境への取組状況を公表します。

制定 平成19年4月1日
株式会社山田組
代表取締役社長 山田壽久

藤枝環境整備事業協同組合

平成24年12月21日に「藤枝環境整備事業協同組合」を設立し、環境への更なる、そして新たな取り組みを始めました。

近年、地震・台風・大雨等従来の想定を超えるような大きな自然災害が相次いで起きており、その度、瓦礫及び倒木等の処理、さらに道路の緊急補修や清掃等、短期間に対応すべき緊急業務が集中発生しております。
一方、日常生活においても、「環境」及び「廃棄物」対策に係る取り組みは多岐に亘っており、自治体ごとに、地域住民の安心・安全な暮らし確保のため、様々な取り組みを実施しております。

このような状況の中、私共、藤枝市内の建設業者及び廃棄物処理業者の有志は、これまで積み上げてきた土木工事等及び環境整備事業関係の実績等を活かし自らの発展と共に、藤枝市の環境行政に協力・貢献できる姿を模索してまいりました。
そしてこの度、お互いの専門的経営資源を結集することで、官民問わず主に藤枝市内で発生する「環境」維持・保全・管理等及び「廃棄物」に係る様々な業務等に対して、“ワンストップ”サービスが可能な体制を構築するために立ち上がった次第です。

私共は、いかなる時も、その状況に応じて迅速・安全・安心に、「環境」及び「廃棄物」対策関係の業務を遂行していくことを目標に掲げ、その実現に向けて努力していきたいと思っております。
このことにより、地域住民が安全で安心して暮らせる社会を側面からサポートしていきたいと考えております。

このときにあたり、相互扶助の精神に則り、必要な共同事業を行うことにより、組合員の自主的な経済活動を促進するため、下記により本組合の設立を発起したものであります。

藤枝環境整備事業協同組合